■クライアント

美容外科様

■クライアントの要望、背景

  • 美容外科を開院予定で、ホームページ等ウェブをうまく活用して集客したい。
  • 開院したいエリアのマーケットはどうか、競合はどうかよくわからない。
  • ホームページは、大手美容外科並みに力は入れたいが、制作費としての予算は限られているので、なるべく安く作りたい。
  • webに関しては全く何もわからないので、総合的にコンサルティングしてほしい。

■取引方法

制作+構築前段階のマーケティング、競合調査、SWOT分析等と、構築費用を、初期構築費用としていただく。

その後の運用は、ある程度成果に応じた報酬形態で、月に2度ほどミーティングを開き、状況の共有、レポートを元に今後の戦略についての打合せを実施。
ホームページだけでなく、他の広告媒体など、幅広く効果測定をしながら、全体的に集患を増やせるようアドバイス。
広告運用、ランディングページ企画、ホームページの更新作業なども月々の報酬内で対応。

■ホームページ構築までの流れ

  • まずは競合を徹底的に調査

10程度の競合を、立地面、サービス面、施術内容、コンテンツ、SEOなど、あらゆる角度から調査し、競合の強み、弱みを整理

  • クライアント自身のSWOT分析(強み、弱み等の洗い出し)

どこが強いか、弱いか、またどこの市場を狙うべきか、どういった強みを作れば勝てるかなど、競合を見ながら整理。

  • 各施術項目のwebでのマーケット調査

施術項目自体、100以上あり、何に力を入れるべきか判断するために、想定される主力の約600キーワードの検索状況を調査。

  • 競合調査、SWOT分析、マーケット調査をもとに、どういったコンテンツが必要か整理し、サイトの構成を決定。
  • コンテンツの中身も、他と比べて確実に勝てるように設計。

部分的にプロのライターにリライトを依頼し、「わかりやすい」、「読みやすい」、「共感してもらえる」ことを重視。また、検索エンジンにもひっかかりやすいよう配慮。

  • 費用を抑えるために、100以上ある診療科目をある程度テンプレート化し、制作工数を1/3以下に削減。seoも重視した作りに。
  • アクセス状況を細かく把握するため、アクセス解析ツール(グーグルアナリティクス)を導入し、細かなデータを取得できるよう、設定。
  • 検索上位を狙いたいキーワードを洗い出し、日々順位チェックできるシステムの導入。

■開院(ホームページ公開)後の運用フォロー

  • ランディングページの作成、広告運用

広告用に、施術内容ごとのランディングページを作成。事前に競合調査し、コンテンツ内容、見せ方を考え、競合に勝てる内容で作成。作成後は、リスティング広告で運用。

  • その他、各広告媒体の掲載するか否かのアドバイス、他のウェブサービス、SNS等を利用したマーケティングの相談など

 

この美容クリニック様は、最初の3か月ぐらいは、サイト構築前段階の準備で、競合、マーケット調査、物件調査など時間をかけました。ホームぺージの制作は、外部の制作パートナーを紹介し、一緒に打合せしながら、いかに工数(コスト)を抑え、より良いものができないか話し合いました。

結果的に、デザイン性と費用のバランスの良い、半システム化を実現させ、柔軟性の高いシステムを作り、こだわりたい部分はこだわったデザインにできるよう、対応しました。

イラスト、ロゴの制作も、相場よりもかなり低い費用で、クオリティは高いものができました。その他、自分自身の知り合いなどで、力になれるような人は積極的に紹介し、巻き込んでいきました。

開院後、順調にアクセスは増え、予約、問い合わせもアクセスに応じて増えていってます。
開院当初は保険診療が中心で、広告にも積極的ではありませんでしたが、徐々にランディングページも増やし、それに伴い、売り上げも順調に伸ばしていっています。